マネジメントゲーム(MG研修)

40年前にソニーが開発した(経営シミュレーション)社員研修プログラム。
最後には誰でも決算書が書けるようになる
...
当時まだベンチャー企業だったソニーが、エンジニアにマネジメントのノウハウを短期間で、
面白く体得させるためにはどうすればいいか?を考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

  • これまで大手企業を中心に4,000社、80万人が受講しており、海外にも展開されています。米国、韓国には早くから進出し、最近では中国や東南アジアでも注目されてきています。
  • 現在では、著名な経営者や上場直後の若手IT社長などがMG研修を受講し、その体験談をブログなどにアップするなど斬新な手法で高い研修効果のあるMGは今でも注目されています。
  • ソニーが開発したマネジメントゲーム(MG)の著作権をはじめとする一切の知的財産権はマネジメント・カレッジ株式会社が保有します。
  • マネジメント・カレッジ株式会社の許諾の元、マネジメントゲーム(MG)の研修運営を行っている株式会社ライトアップと共にマルチスタイル株式会社が実施しております。


...
...
...
...

体験学習で、自ら気づく


  • マネジメントゲームMG研修の一番大きな特徴は、「ゲームを通じた」「経営体験」ができることです。ボードを使ったゲームを行うことで、実際の経営を体験し、擬似的に様々な企業経営経験を積めます。
  • 「体験」することで、「自ら気づく」こと、そして「課題を認識する」ことができます。
  • とあるアンケートでは「今一番求められている人材は起業経験者」というものがあります。十分理解できます。一方で、その起業経験者はおそらくは「会社を倒産・精算」したことがある人間だと言い換えられます(成功して企業売却をしたという方もいらっしゃると思いますが、統計上はごく少数だと思われます)。
  • MG研修は、そんな倒産という人生のリスクを負うこと無く「起業経験」を積むことができます。

誰でも最後には決算書が「書ける」


  • どんな立場の人でも、その人なりに経営感覚に「気づく」ことができます。
  • 経営者であれば、日々の意思決定に活かすことが可能ですし、中間管理職であれば自分の組織へブレークダウンして、様々な数値に落とし込みマネジメントに活かすことができます。
  • さらに言えば、社会人としての経験がない新入社員や学生であっても、自らの体験から気づきを得ることはできます。
  • 実際に、多くの企業が新入社員研修の一環としてマネジメントゲームMG研修を取り入れています。
  • 自らの経験値やスキルが上がると、体験から気づけることは、どんどん変わっていきます。
このMG研修は「1回受講して全て学べる」という類の研修ではなく、10回、20回、100回と何度も繰り返し受講しながら、どんどん学べることが増える研修です。
実際、大企業の中にはマネジメントゲームMG研修を毎年実施されているところも多く、
参加後、どんな方でも最後には「決算書が書ける」ようになります。「読めるではなく書ける」です。期待してください。
人数
1名以上(最大36名)
※個人参加・社内実施が可能です。
※4名以下でのご参加は合同参加型研修となります。
実施時間
『1Day ダイジェスト版』:11時間程度
※通常3~5期ほどの企業経営と決算書等の作成まで。
金額
『企業研修(1名)』:¥200,000(税別)
※一箇所に集まる合同研修となります。
『社内研修(13名まで)』:¥1,000,000(税別)
※講師を貴社へ派遣致します。
『個人参加研修(1名)』:¥75,000(税別)
※主に個人事業主の方や会社員の方に向けて実施しています。
助成金
助成金活用で費用は後日全額助成可能です。
受給条件は企業ごとに異なります。
助成金の受給条件(以下4つの条件を満たせば、ほぼ受給可能です)

■正社員を1名以上雇用している
■雇用保険、社会保険を支払っている
■半年以内に会社都合の解雇をしていない
■残業代未払等、労務違反を犯していない
詳細は別途お気軽にご相談ください。または、MG研修説明会にご参加ください。
...
...